フリーで活躍する女性エンジニア

自己紹介

現在40代の女性です。
30代前半から7年程フリーランスで仕事をしていました。
仕事内容は社内のシステムエンジニアとして主に社内のサポート業務です。

フリーで働くきっかけは?

もともとは派遣社員として、契約した会社ではなく現場常駐という形で働いていたのですが、現場の上司からお誘いを受けて直契約をすることになったのがきっかけです。

初案件はどうやって探した?

ですので、最初のスタート時に案件を探す必要はありませんでした。

フリーになっての感想は?

フリーランスになると、これまでと違いマージンが発生しないので収入が格段に上がります。
また一般的に派遣社員では交通費が控除されませんが、フリーランスになってからは青色申告をしていましたので業務でかさむ費用がキチンと控除されるというのが利点。
会社内での飲み会等のイベントやプレゼントも経費として認められるのはありがたかったです。
申告作業については、最初の1年目は税理士さんのセミナーに出席したり、申告ソフトを探したりして少し大変な思いをしましたが、2年目からは毎年スムーズでした。

フリーになって仕事に困らなかった?

私の場合は、最初の案件から次の案件へも紹介を頂いたので、特にトラブルもなく移行することができました。
案件料については、無駄に謙虚になって安く見積もらないほうがいいですね。
頂くぶん以上のパフォーマンスを見せようという意識のほうが自分のモチベーションにもなります。
どの業界でも言えると思いますが、これから先の自分以外の人のためにも、自分のスキルを安く提供するのはやめたほうがいいと思います。

これからフリーになる人にアドバイスを

また、特にIT業界では目立つのですが、技術さえあればいいと思いヒューマンスキルの無い人がいます。
派遣社員でもそうですが、特にフリーランスではヒューマンスキルが高いことは大きな武器です。
やはり最後は人と人ですので、相手の立場に立てる人、広い視野で状況を観察出来る人、求められていることが分かる人、自分の仕事ではないと思っても動ける人、そういう人ならフリーランスに向いていると思います。
フリーランスで仕事をすると、自分の能力で稼ぐという実感と、周囲の人がいるからこそ仕事があるという感謝を感じられるので、得るものが大きいと思いました。